ベルツの日記と日本人

 明治時代の話であるが、ドイツ人ベルツは日本政府に招聘され東大医学部の教授となった。また、明治天皇の主治医の一人でもあった。このベルツが日本で経験した話が「ベルツの日記」で紹介されている。その中で面白いのが以下の話である。  ある日ベルツは東京から110km離れた日光に旅行したが、馬を六回乗り換えて約14時間を掛けて着いた。ベルツと同じように日光まで人力車で言った人は何と30分だけ遅れ…

続きを読む

副腎機能の低下は気づかれない

 韓国の元大統領朴槿恵が逮捕拘留されているが、食べ物も喉に通らず酷く体調を壊しているという記事を読んだ。その中で副腎機能低下症といった病名があった。なるほどという気がしたが、普通の人にとって副腎などはあまり気に掛けることもない臓器である。  副腎は腎臓に付随するピラミッド型の組織だが、生体の免疫の要とも云える副腎皮質ホルモンを製造分泌している。副腎皮質ホルモンはステロイドとも呼ばれるが…

続きを読む

癌予防の免疫力=基礎体温の上げ方

 昨日のブログで癌と免疫力や基礎体温の関係について私見を述べた。では、どうやってこの高い免疫力の条件である高い基礎体温を実現するかということになる。  巷間熱いお風呂に入ったり運動を欠かさないことや体を温める食事を摂ることなどが推奨されている。悪いことではない。   悪いことではないが、いくら熱い風呂に入ったからといって基礎体温が上がることはない。  これは人間は恒温動物で…

続きを読む