癌予防の免疫力=基礎体温の上げ方

 昨日のブログで癌と免疫力や基礎体温の関係について私見を述べた。では、どうやってこの高い免疫力の条件である高い基礎体温を実現するかということになる。


 巷間熱いお風呂に入ったり運動を欠かさないことや体を温める食事を摂ることなどが推奨されている。悪いことではない。 


 悪いことではないが、いくら熱い風呂に入ったからといって基礎体温が上がることはない。


 これは人間は恒温動物であるから外の熱は皮膚で遮断するように出来ているからだ。


 風呂にしろ遠赤外線にしろそれが人体外部の熱なら体の深部まで温まるということはない。飽くまでも体表が主となる。 


 事実冷え性の人などはかなり熱めの風呂に毎日入っているものだが、冷え性が治ることはない。


 また、そんな人は冬場になると靴下の重ね履きなどしているが、それで足先の冷えが治ることもない。一時しのぎの保温はいくらやっても冷え性の解消には繋がらない。 


 さて、繰り返すようだが、人体のもともとの熱の産出は細胞が代謝のたびに出す熱が基礎である。細胞の代謝機能がいいと熱をよく産出するということになる。


 この熱で温められた血液が全身を巡ることで基礎体温が決まる。つまり、血流の良し悪しが決めることになる。 


 血管中をきれにな血液が流れていると基本的に血流はいい。従って、血液を汚さない食生活というものが非常に大切な条件となる。


 正しい食生活で腸内環境を正常に保ち、肝臓や腎臓といった血液を解毒ないし濾過する臓器に負担を掛けないようにすれば血液性状は良くなる。 


 また、一番熱の産出をするのは骨格筋と言われているから、十分な運動は熱を生むことになる。


 なるが、アスリートなど十分すぎるほど筋肉を動かしている人にも癌はよくある。


 だから、運動はいいことではあるが、運動だけでは高い基礎体温を維持するのは困難であるのが事実。 


 さらに、仕事のある生活において正しい食生活を守ることが難しいこともあれば、運動を継続して行うのはそれ以上に困難なことに違いない。


 従って、意識の高い人は出来る限りの手を打とうとサプリメントや健康器具に手を出すことになるが、結局体温上昇には繋がらない場合が多い。 


 結論的に言えば、もし基礎体温の上昇を本当に実現できるとしても、それはまず日常生活の中で簡単にできて継続するのに難がないものでなければ現実的ではない。


 ほとんどのケース人間は日常以上の努力を伴う行為は長続きしないものである。意気込んで買ってはみたが無駄に終わるということになる。 


 通常はその辺で諦めてしまいいつか癌になりましたなんてことになる。しかし、癌になって病院で治療を受ける時は大なり小なり後悔や恐怖を感じながらの生活となる。


 そうならないために断固として健康体を実現し維持する決意を今すべきなのだが、痛痒を感じない時にはその決意ができない。 


 繰り返すと、癌予防の決め手は高い免疫力である。それは高い基礎体温があればこそ実現できるものだが、基礎体温は体を外側からの熱でいくら温めても高くはならない。


 優れた細胞の代謝によって産まれた熱が血流で全身に運ばれることでしか実現できない。  


 実は、私の治療はこのメカニズム通りに細胞の発熱力を高め血流を促進する。従って、例外なく皆さん体温が上昇して36.8℃前後で安定する。


 冷え性が良くなったとか風邪を引かなくなったとか疲れなくなったとかは当たり前の声として聞こえてくる。 


 この簡単な治療を続けると便秘、不眠、痛み、痺れなどの症状がすぐに解消してくるが、その中で腫瘍や癌が消えてましたといった報告を何度も受けてきた。


 嘘のような話に聞こえるかもしれないが、癌と体温の関係からすれば不思議でもなんでもないのである。