ベルツの日記と日本人

 明治時代の話であるが、ドイツ人ベルツは日本政府に招聘され東大医学部の教授となった。また、明治天皇の主治医の一人でもあった。このベルツが日本で経験した話が「ベルツの日記」で紹介されている。その中で面白いのが以下の話である。


 ある日ベルツは東京から110km離れた日光に旅行したが、馬を六回乗り換えて約14時間を掛けて着いた。ベルツと同じように日光まで人力車で言った人は何と30分だけ遅れて日光に着いたとのこと。そこでベルツは人力車の車夫の食事内容を調べたらしい。


 人力車の車夫の食事は玄米に梅干し、味噌や大根や沢庵であったという。日ごろも米、麦、粟、芋類、豆類などしか食べておらず、ベルツはただただ驚くばかりだったらしい。しかし、そこはドイツの医者。肉食をさせればより一層の馬力が出るはずと考えた。


 車夫を二人雇い一人には相変わらずの玄米を中心とした日本人の食事、もう一人には肉食をやらせた。毎日80㎏の荷物を担いで40kmの距離走らせると、肉食の車夫は疲労困憊で三日と持たなかった。逆に、それまでの日本人の食事をした車夫は三週間も走り続けることができた。


 肉食をやらせた車夫もその後元の食事に戻すと以前のように走ることができるようになったとのこと。これを元にベルツはドイツ帰国後に菜食を推奨したとの記録があるが、昔からドイツでも100kmマラソンの勝者はジャガイモを主食とした農民であった事実がある。


 さて、人間はもともと草食動物であることは人体が示している。草食動物は大臼歯で噛んで食べるがこれは人間も同様である。また、腸が長いのも草食動物である特徴であるし、日本人は特に長く平均8メートルくらいある。虫様突起(俗称盲腸)の存在も草食動物特有である。


 ベルツは同日記の中で「こんなに母乳が出る民族は他に見たことがない」と述べているが、母乳不足に悩むお母さんが多い現代と比べ昔の日本人は余るほどの母乳が出ていたのである。それは当時の日本人の食生活に理由があったに違いない。


 人間は草食動物でありそれが本来の姿である。穀類、豆類、芋類などを中心に体質を造るのが一番理に適っている。それは伝統的な日本食にある。米(玄米)大豆を中心に季節の野菜で体質の基質を造っていた時代は糖尿病も虫歯もほとんどなかった。


 今になって自然食とかマクロバイオテックとかが流行りになっているが、それは日本人の健康を保つために本来の食生活に戻る試みと考えていい。何も新しい試みではなく、我々の祖先が引き継いできた食の知恵と伝統に戻ることなのである。