癌と体温の関係は明かになってきた

年間40万人に上る癌の死亡者数と例年断トツ1位の死亡原因という事実をみれば、癌は治せる病気になったなどという宣伝は虚しく聞こえる。この事実が示しているように、癌は医療では治せない。医療は癌を治せるような代物ではないと断言できる。


医療が行うのは癌という部位を切る(手術)焼く(放射線)壊死させる(抗癌剤)といった対症療法である。癌を生む体質を改善するわけではないので一時的に癌を消したとしても再発の危険性は常時あり、事実癌を再発する人は後を絶たないのが現実である。


さて、近年癌と体温の関係がますます明らかになってきた。研究者によって以下の関係が発表されている。


・ 40.0度    ほとんどの癌細胞が死滅
・ 36.8度    免疫力が高く健康そのもの
・ 36.0度    体を震わせて熱の産出を促そうとする
・ 35.5度    排泄機能低下、自律神経失調、アレルギー
・ 35.0度    癌細胞が増殖しやすい
・ 34.0度    生命維持のギリギリの体温


誰の体でも癌細胞は毎日生まれ続けていると言われる。それをいわゆる癌という病気にならないで済んでいるのは免疫細胞(白血球)の一種であるリンパ球(NK細胞)が発生する癌細胞を分解しているからである。これは実写映像も撮られている。


であるならば、癌の原因は免疫力の低下であろう。免疫力は体温と比例関係にあるわけだから、癌患者は畢竟体温が低い人になる。事実、癌患者のほとんどは低体温の状態にあると言われている。これは癌が加齢とともに発生しやすい病気であることからも頷ける。


部位的にも心臓の癌は皆無だし脾臓にもめったに癌はない。この2つの臓器は常に高温度に保たれている。癌が多発するのは胃、肺、子宮、乳房、大腸など比較的冷えやすい部位に集中しているのも事実である。大腸癌はよく聞くが小腸癌はめったにない。小腸には免疫細胞の半分が存在すると言われる。


さて、このくらいの事実を省みると癌と体温=免疫力の関係は理解できるはずだ。従って、日本人の二人に1人が罹患し三人に1人が死亡すると言われる癌になりたくなかったら、高い体温を保つ生活をすべきということになる。この場合、体温とは基礎体温のことである。


問題は加齢とともに下がる運命にある基礎体温をいかに上げて安定させるかだが、これについては次回のブログで詳述したいと思う。

結論を言えば、私は私のところに来られて人の基礎体温を上げるのが仕事である。そして、私の治療の根幹となる大動脈から全身に流れる血流の促進に成功している。当然、皆さん基礎体温が上がる。その間に様々な体調不良がなくなるわけだが、続けることで生涯の予防となる。

ーーーーーーーー

事例情報を含めどんな体調不良にも対応可能なので、相談は遠慮なくして頂きたい。

ご相談はこちら