生理痛を痛み止めで対応すると録なことはない

女性の悩み特有の症状に生理痛がある。これに痛み止めで過ごす人が多いが、痛いものは仕方がない。

とは言え、なるだけなら生理痛がない状態に体質を変えるべきだし、それは可能なことです。


卵子が着床しないと卵子は子宮内膜とともに体外に排出される。これが月経だが、この剥がれ具合が悪いと生理痛になる。


その原因は子宮内膜の代謝不足と考えればいいわけで、背景には血流不足があるはずだ。


なぜなら、私の治療で血流促進をすると、ほとんどの生理痛持ちの女性が翌月から生理痛が来ない。


子宮内膜はやっかいなもので、巧く体外に排出されないと卵巣などの別の臓器に形成されたりする。


いわゆる子宮内膜症だが、この状態から卵巣の嚢胞にチョコレート色の膿がたまったり腫瘍が出来たりする。


卵巣癌もこの延長線上にある病気で、大概の女性は慢性的に生理痛が続く女性ばかりである。



血流は全身的なものなので婦人器回りの血流だけ良くすればいいというものではない。


大動脈から全身に広がる血流全体を良くすることで婦人器への血流も改善されるという理屈になる。


これを可能にしているのが私の治療です。